上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
桜の季節になると、今年はどこの桜を見に行こうか
考えるのも楽しみのひとつになります。
日本各地には桜の名所が数多くありますが。。。
時期が限られているだけに
生涯どれだけの桜を見ることが出来るのか,
ふとそんなことを考えてみたりします。

P1020437_convert_20100417122300.jpg

日本の桜名所100選を紹介しているこの本。
三春滝桜、根尾谷淡墨桜、山高神代桜、狩宿の下馬桜、石戸の蒲桜
は日本五大桜
中でも三春滝桜、根尾谷淡墨桜、山高神代桜は
日本三大桜で天然記念物に指定されているそう。
三大桜はどれも見に行ったことがあるけれど
根尾谷淡墨桜は1番忘れられない印象深い桜でした。
生涯桜を愛した宇野千代さんの『薄墨の桜』を読み
どうしても訪ねてみたかった桜。
有名な桜だけに観光客で溢れかえってはいたものの。。。
蕾のときは薄いピンク、 満開では白色、
散りぎわには淡い墨色になるという
樹齢1500年以上の大樹はまさに一見の価値ありの桜です
スポンサーサイト
2010.04.16 / Top↑
題名に惹かれて購入した本。
短いお話が365日分載っているので
今日はこのお話明日はどんなお話かな
とわくわくが毎日続いていきます。
毎晩子どもたちも楽しみな様子で、
「今日もお話読むんだよね~
とすんなりベットへ行ってくれるようになりました
365日続けられたらいいのですが。。。

P1020209_convert_20100401064539.jpg
2010.03.23 / Top↑
『グレート・ギャツビー』を読み始めたものの。。。
さらっと読める感じではなくて、ゆっくりと読みたい内容の本。
そうなると、つい同時進行で他の本にも目移り。
私の旅好き、宿好きに拍車をかける本を見つけ
ページをめくっては想像の旅へと出かけてしまう���s��
『ニッポン放浪宿ガイド200』はインパクトのある個性的な宿がずらり。
ふつうに小綺麗で快適なお宿もいいけれど、そういう異色宿を求めてしまう私には
好奇心を抑えられない内容���N���N
中でも、放浪宿の宝庫沖縄にはかつてお世話になった宿も載っていてとっても懐かしい�n�[�g
沖縄那覇市の「民宿げっとう」ʲ��
1歳になったばかりの長女と2人で沖縄離島をうろうろした後。。。
沖縄本島へ戻り、1泊したお宿。
その2年後、今度は3歳になった長女と0歳の長男を連れて
石垣島からフェリーで鳩間島へ。
お世話になった民宿「島ヌ家 鳩ポッポ」�A�b�v���[�h�t�@�C��
島では毎日子どもたち連れて、海に行ったり、うっそうとした森の中の御嶽へ行ったり。。
夕方になると宿のおじさんが「ごはん出来たぞ~」と探しに来てくれた。。。
(何せ鳩間島は周囲4㎞足らず�G���������͂��Ă�������すぐに見付かる���
夜になると外のテーブルでおじさんが三線片手に歌ってくれるのを聞きながら
夜風に吹かれて泡盛飲む。。。���Ƃ�-��
そう言えば、沖縄離島旅の間、私はワケありのシングルマザー�K�[��と思われていたのか
色々大変だね~風な優しさに触れた。
石垣島の宿で一緒になった人の中には
何もない鳩間島に幼子連れて行くなんて絶対おかしい�z�H�[。。。と
「早まってはいけないよ。考え直しなさい。」
などど説得された出来事もあったっけ��
そんなこんな。。。思い出に浸りつつ新たな旅の妄想に駆り立てられる内容です。
『風景を聴く旅』はひたすら行った気になる本。
綺麗なカラー写真も沢山載っているのでますます気持ちだけ旅行中~�C��
でも、ツアコンの仕事ってとっても大変らしい。。。
私もほんの少しの間、現地ガイドらしきことをしていた経験から
ちょっとは分かるような気もするが。。。
筆者のあしだくみ子さんは何度訪れても同じ場所に感動されているのが凄い。
ある観光地専門ガイドだった私の場合、毎日見るその風景に感動出来なくなってしまった。。。
やっぱり世界中を飛び回るツアコンだったら良かったのかなあ~などと想像は終わらない。
P1000751_convert_20091114063336.jpg
2009.11.14 / Top↑
『しずく』を読んでから西加奈子さんにはまってます。
今は『こうふくあかの』と『こうふくみどり』。
世間から見た自分像と本当は違った本音の自分との葛藤などを
とてもおもしろく描いていて。。。
もっと西加奈子さんの本を読んでいきたいなあ~と思ってます�{
それから、ずっと気になっていたけどなかなか読む機会のなかった
『グレート・ギャツビー』を図書館で借りて来ました�ޯ��
この作品は翻訳している村上春樹さんが絶賛している1冊なのでとっても楽しみ�n�[�g
そう言えば。。。
『こうふくあか』と『こうふくみどり』って『ノルウェイの森』の上下巻と似ているような�H�H
P1000638_convert_20091027122717.jpg
2009.10.27 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。